読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

Think good thought.

Downfall

ヒトラーの最期の12日間。

ただただ、失脚、没落に向かっていく。

もう誰も、何も止められない。

当たり前といえば当たり前のこと。

いくら、集団を率いていようが、多くに影響を与えていようが、一個人なのだ。

いつかは、自分の手に負えないものが自分を取り囲んでいく。

悲しみをもって描かれている感じがした。

客観的というか、批判的という感じもそれほどしなかった。

あくまでも、政治というよりは一人の人間の終わりを描いたような作品だった。

主人公の三人の視点から描かれているものから、強くメッセージを感じた。