読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe Diem

Think good thought.

The Shawshank Redemption

なぜこの映画を素晴らしいと感じるのか。

どこがすごいのか。

物語があまりにもうまくできているからか。

違和感がない、共感できる、望んで欲しい方向に話が進んでいる感じがする。

描写の加減がちょうど良い。

映像化が素晴らしいかったとも言えるだろうが、明らかに物語が、その骨格がしっかりしすぎている。

細部よりも全体的な印象。

セリフは少なく、何が重要だったのかも思い出せないかもしれない。

あまりにも多くのことを詰め込んでいるわけではない。

けど、残るイメージはクリアで、明るくて、最後のシーンの海と砂浜のよう。

このような物語を作り出せた時、作者はどう感じるのだろうか。

あまりにも独特にならないように気をつけたのではないか。

客観性がないとここまで収めることはできなかったのではないか。

何度見ても、永遠に学びが尽きないだろう。